給湯器の故障は水道の修理にも直結します

給湯器にも寿命があります。約10年と言われていますが、一度設置すると故障するまで点検しないという方もいるのではないでしょうか。そのくらい当たり前のように生活の中でお湯を使っています。だからこそ、突然のトラブルが発生しお湯が使えなくなるととても困ります。給湯器のトラブルが起こると、お湯が使えなくなったり、温度調節が効かなくなったり、お風呂の追い炊きができないといった症状が表れます。原因には寿命や凍結などが挙げられます。故障した場合には修理が必要ですが、寿命を過ぎていたり、保証期間を過ぎていたり、型の古い場合には修理では対応できず交換が必要なこともあります。

■冬は特に凍結に注意

給湯器トラブルで多いのが冬の水道管の凍結に伴うものです。外気温が零度を下回ると配管の中に残っている水が凍結してしまいます。凍結することによって、水が使えなくなるだけではなく、配管の破損や水漏れ、給湯器の故障にもつながります。一度凍結してしまった配管は、溶けるのに時間がかかったり、費用も規模も大きな修理をしなくてはいけなくなる場合もあります。今は多くの家庭に自動の水抜き機能を備えていますが、ない場合や長期間自宅を空ける場合には必ず寝る前や家を空けるに水抜きをしましょう。

■給湯器の故障を放置することで起こる危険性

給湯器内での水漏れなどによるトラブルを放置することはとても危険です。なぜならば、不完全燃焼を起こしている可能性があるからです。不完全燃焼を起こすことによって一酸化炭素が発生します。そのことに気づかずにいると室内に一酸化炭素が充満して中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。特に一酸化炭素はにおいや色がないため気づかない可能性が高いです。そのため給湯器の異常や水漏れを感知した場合には必ずバルブを閉めて、早急に業者へ修理の依頼をしましょう。

■まとめ
給湯器のトラブルは故障するまで気づけないことが多く、気づいたときには修理できない場合もあります。特に冬の凍結には注意が必要です。万が一、お湯が使えなくなったり、凍結してしまった場合には業者へ連絡が必要です。今ではインターネットで水道 評判と検索するだけで多くの業者の情報を得ることができます。自宅近くの業者の口コミなども参考にしてみてください。給湯器の故障を放置していると一酸化炭素中毒の危険性も高まります。故障したときはもちろんですが、定期的に点検をして、いい状態を維持することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ