洗濯機の水道トラブルを自分で修理する方法

洗濯機は耐用年数も長く、一度購入したら壊れるまで使用する家電です。なかなか壊れることのない家電でも起こるトラブルがあります。排水管 水漏れです。排水管はトラブルがない限りお掃除や点検はしない方が少なくありません。しかし、長年の使用によって劣化が進みホースに穴が開いたり、水道の接続部分が緩んでしまうことがあります。そのことが原因で水漏れが起こります。自分で修理できる場合もありますが、原因を特定できない場合には業者へ依頼しましょう。

■洗濯機の排水管 水漏れの原因

排水管が水漏れを起こす主な原因は排水管に汚れが蓄積し、塊となって水の流れを塞いでしまうことになります。購入したばかりの洗濯機は汚れがないため水の流れと一緒にホコリや汚れは流れていきますが、長く使用することによって汚れが蓄積し塊ができてしまいます。その結果、水の流れが悪くなり、あふれ出してしまいます。特に今は節水を意識してお風呂の残り湯を使用する人も多いでしょう。そうすると垢なども一緒に蓄積されてしまい、ますます汚れが蓄積します。また、長年の使用によって水道蛇口のナットやパッキンが緩み、ホースの継ぎ目から水漏れを起こす場合もあります。

■応急処置

万が一、排水管の水漏れを発見した場合に素人でもできる応急的な修理の方法を紹介します。まずは元栓を閉めて水の流れを止めます。そのあと、排水ホースを外します。洗濯槽受けから洗濯機を移動させて排水口を見える状態にします。移動させるには力が必要です。けがにもつながるため複数人で行いましょう。排水ホースが見えたら、排水口のふたなどの部品をすべて外し洗います。髪の毛やホコリやこびりついている可能性もあるため歯ブラシなどを使用し細かい部分の汚れを取ります。
その後、排水溝の汚れを落とします。方法はいくつかあります。ドラックストアなどで購入できるパイプクリーナーを流して中の汚れを溶かす方法や、家庭にある重層をふりかけ、お酢を流して発泡させる洗浄方法もあります。清掃終了後洗濯機をもとの状態に戻します。少し時間と労力を必要としますが、自分でできる修理方法なので、汚れが原因の場合にはこの方法で対応できます。

■まとめ
洗濯機の排水口からの水漏れは汚れが原因で起こる場合が多いようです。そのため、普段からこまめにお掃除を心がけることで防げます。月に1度洗濯槽を掃除するだけでも効果はあります。洗濯槽のお掃除機能が洗濯機に備え付けられている場合などは上手に活用しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ